水素の便秘解消効果とは

がんこな便秘が続くと下腹部のハリが気になってくるし、肌も荒れる…。
毎日スムーズに排出できれば気持ちのいい一日を過ごせるのに。

そんな思いを抱えながら便秘に悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

ここでは、便秘の原因と水素の抗酸化効果の関係についてご紹介。
水素水を摂ることで便秘とは縁のない身体作りを目指しませんか?

便秘の原因とは

便秘について考える

便が出にくくなる原因として、大腸や直腸の機能低下が挙げられます。

・弛緩性便秘
腸のぜん動運動が正常に行われず大腸内に便が留まってしまうため、便の水分が腸でに吸収されて固くなってしまいます。
便秘の中でもっとも頻繁に起こるタイプで、女性や高齢者に多くみられます。

・けいれん性便秘
自律神経の乱れによって腸管が緊張状態になり便の運搬が滞り、ころころとした固く小さな便になってしまいます。便秘と下痢を繰り返すことも多い。

・直腸性便秘
便が直腸に到達しているのに排便反射が起こらず、そのまま停滞してしまいスムーズな排便ができません。
高齢者や、排便を我慢するタイプの人にみられる症状です。

 

女性が便秘になりやすい原因は、子宮の存在とホルモンバランスの乱れ。
子宮が腸を圧迫することでぜん動運動がスムーズに行われず、排便が滞りやすくなってしまいます。
また、月経前や妊娠初期に分泌される黄体ホルモンもぜん動運動を抑制するので、便秘になりやすくなります。

腸の働きが低下してしまう原因のひとつに、腸内で増加した悪玉活性酸素の存在が挙げられます。
活性酸素によって健康な細胞が損なわれ、腸の活動や新陳代謝が低下。
体内に取り入れた食物の吸収・消化が順調に行われず、便の排出も滞ってしまうのです。さらに、活性酸素によって腸がむくんで宿便(腸に長く滞留している便のこと)が増えやすくなり、便秘を悪化させてしまいます。

便秘の解消に水素水

水を飲んで便秘解消

水素水を飲む習慣のある人が、もっとも効果を感じやすいのが便秘の解消です。
水分の摂取はもちろんですが、水素の抗酸化力=活性酸素を無害化する力によって腸内環境が改善されるのが大きな効果と言えるでしょう。

水素を体内に取り込むと、腸だけでなく体中の細胞が健康になるので、ほかの消化器官もスムーズに働くようになるというメリットも。
体のコンディションが整って行くことで、不調のひとつである便秘も解消されていくのです。

しつこい便秘が解消できればお腹が張って辛い思いをすることはなくなり、ダイエット効果もアップ。肌の調子もよくなるなど、うれしい効果がたくさんあります。

飲料を水素水に変えてみることで、便秘知らずで快適な体づくりを目指しましょう。