水素水で肩こりがよくなる?!

国民病とも言われる「肩こり」。
3~4キロもある頭部を支えているのですから、首や肩には大きな負担がかかります。
さらに、デスクワークでずっと同じ姿勢が続いたり、スマートフォンやパソコンの画面を長時間見ていることで目を酷使したり。運動不足による筋力の低下など、現代人の生活には肩こりを引き起こす原因がたくさんひそんでいるのです。

ツライ肩こりの原因は?

肩こりがつらい女性

たかが肩こり、されど肩こり。
首周りのコリから腕のしびれ、頭痛まで、人によってさまざまな症状に悩まされていることでしょう。

肩こりは、筋肉の疲労や緊張によって血管が圧迫されて血流が阻害されることで起こります。血流が悪くなると、血管内に疲労物質が発生し神経を刺激し“痛み”として認識されます。

血流が悪くなってしまう原因はほかにも、

・体の冷え
・長時間同じ姿勢でいる
・筋肉量の不足
・自律神経の乱れ

が挙げられます。

肩や首の筋肉細胞や筋繊維は、日常的な動きの中で太くなったり細くなったりします。
その動きによって毛細血管までスムーズに血液が行き渡りますが、上記のような理由で血流が悪くなると肩こりを引き起こして悪化させてしまうのです。

また、私たちは呼吸をして生命活動を維持していますが、取り込んだ酸素をエネルギーに変えるときに活性酸素が発生。
活性酸素にはバリア機能がありますが、元気な細胞を傷つけたり変質させて有害にすることもあります。血中で増加した活性酸素は、コレステロールを変性させて飛沫細胞として血管内で肥大化。血管内でコブとなって、血流を阻害してしまうのです。

水素の抗酸化力で肩こりを解消?

肩こりの原因が血流の悪化血行を促進して肩こりを改善ということ。

では、スムーズな血流を促がすためにできることを考えていきましょう。

・入浴は、ぬるめのお湯にゆっくり
・温めたタオルやカイロを使って首周りを温める
・全身を動かす運動(ウォーキングやストレッチ、ラジオ体操)

軽い運動で肩こり解消

また、健康な血管とサラサラの血流を目指すなら、血管内で悪さをする活性酸素の除去がカギ。そこで水素水の出番です。
水素の化学変化・水素(H)+酸素(O)=水(H2O)が体内で起こると、活性酸素と化合して水に変化。
血管内の環境がよくなって血流も促進、肩こりの解消につながるのです。

水素が活性酸素を無害化させる働きは体中にメリットが。
細胞の質の維持と向上ができるので新陳代謝が活性化され、疲労回復効果が高まります。筋肉や目の疲労が早い段階で回復できていれば、肩こりも起こりにくくなりますよね。

水素水を飲む生活にシフトして、なめらかな血流で肩こりに悩まない毎日を実現していきましょう。